信州佐久・田舎人の趣味遊々

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都旅行 清水寺

<<   作成日時 : 2017/04/10 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

次は「清水寺」さんへお邪魔して来ました。
こちらのお寺も「古都京都の文化財」として1994年に世界文化遺産に登録されたお寺の1つです。
名前の由来は、音羽山湧き出て今もなお「音羽の滝」に流れる霊泉に由来しているんだそうですよ。

京都の街は相変わらずの混雑ぶり。
清水寺周辺も例に漏れず大混雑。。お寺さんの近くまで車で行きたかったのですが、早々に断念して「五条坂」周辺へ駐車し歩きます
清水寺へ向かう坂には様々な店舗が並び、人もカナリ多く歩いている「清水坂」と閑静な雰囲気の中に多くの陶芸家や陶器店が集まった「茶わん坂」があります。
人ごみが得意ではない私は「茶わん坂」から向かいました。
画像

この近くに店舗を構える和菓子屋さん、京菓子処つぼねや「局屋立春」さんの「わらび餅」がカナリ美味しかったです

画像


「仁王門」
画像

応仁の乱(1467〜1477年)によって焼失したんだそうですが、15世紀末に再建され、2003年に解体修理をしたんだそうで、綺麗な丹塗りです。

「随求堂」
画像


「三重塔」
画像

日本最大級の高さで、約31メートルあるそうです。

「轟門」
画像


「本堂」
画像


画像


画像


画像


「鉄の錫杖」
画像

重さ90キログラム以上の大錫杖と14キログラムの小錫杖、12キログラムの高下駄があり、明治中期に奈良県・吉野で修行した方から奉納された物なんだそう。

「出世大黒天像」
画像


「音羽の瀧」
画像


画像

清水寺の開創の起源であり、寺名の由来となった滝です。

「舞台」
画像


下から見ると
画像

約12メートルの巨大な欅の柱を並べた「懸造り」は釘を一本も使わずに組み上げた木造建築となっています。
本堂から張り出した「舞台」はビル4階建て相当の高さです。
昔からスゴイ構造だな〜と思っていましたが、改めてスゴイですね


こちらも十数年ぶりにお邪魔しましたが、昔の記憶と違っていた部分が沢山あって、新鮮な感じでした
ただ、屋根を葺き替えるらしく、その足場が組まれていたのが残念というか、珍しい物を見れたというか・・・
しばらくして修復が完了した頃に、またお邪魔したいですね



住所 : 京都市東山区清水一丁目
電話番号 : 075-551-1234
定休日 : 無休
参拝時間 : 6:00〜18:00
ホームページ : http://www.kiyomizudera.or.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


人気ブログランキングへ
少しでも多くの人に見てもらえればと思い、人気ブログランキングに参加してます。ポチっと、クリックして頂けるとランキングUPするので嬉しいです(^^)

小布施 旅行情報
小布施 旅行情報
失敗しない旅行をする為に、世界中の旅行者からの観光地・都市・ホテルの口コミが満載。旅行者の公平な口コミから ホテルの検索、比較、宿泊予約が可能です。
京都旅行 清水寺 信州佐久・田舎人の趣味遊々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる